ハローワークを利用する場合

ハローワークの求人でブラック企業を見分けるコツ
ブラック企業に就職すると人生そのものが崩壊してしまうようなこともあります。
どのようにすればブラック企業を見分けることができるでしょう。

ハローワークの求人をしっかりと確認するというのも、ブラック企業を見分ける一つのコツとなります。
ハローワークを言っていると、いつも求人を行っている企業がありませんが?常に求人を行っているなんて不自然ですよね。
長く求人を行っていれば、必ず採用者が出ているはずです。

なかなか続く人がいないからこそ、求人が終わらないと考えられます。
ハローワークで働いているスタッフは、どれくらいの頻度で企業が求人を行っているか、もちろん知っています。
ブラック企業についても詳しいので、応募したいけれど心配な場合は、一度相談してみても良いでしょう。

 

よく求人を出す企業はどんなタイプに分かれるのか

求人誌を見ていると、たびたび見かける企業名があります。
何度も求人をかけるというのは、どのようなタイプの企業だということになるのでしょう?良い企業の場合、業績が上がっていて人手が足りないのでどんどん求人しているようなタイプがあります。

また、専門分野の仕事となるような場合は、応募人数が少なく求人が続くこととなります。
マイナス面が目立つ企業では、一言で言えば人気のない仕事で応募人数が少ない、辞める人が目立つような離職率の高い仕事、となります。
最悪なのが、仕事内容が非人道的だとも言えるような企業です。

ブラック企業と呼ばれるタイプの企業で、その悪質体制が今話題となっています。
ブラック企業と気づかないで入社してしまえば、消耗品のように使われて精神的にも肉体的にもぼろぼろになってしまう可能性があります。
自分を守るためにも、家族を守るためにも、ブラック企業を見抜く力がなければいけないのです。

 

広告キャッチコピーから見抜く

ブラック企業が出す求人広告内容は、同じようなキャッチコピーが使われる傾向にあります。
そのキャッチコピーを知り、ブラック企業を見抜くことができたならば、間違いを犯すこともありません。

例えば、お給料です。
一般的に20万円から30万円くらいの月給で募集している企業が多いですが、郡を抜いて高い月給をアピールしているところは、要注意と言えます。
歩合制や手当てが加算されていて、実際にはもらえないような体質のところが多いです。

時間帯を明記せず、労働基準法ぎりぎりの線で働いた事例の給料だけが掲載されているような場合もあります。
基本給と後はインセンティブで給料が計算されているような場合も、実際にはそれだけもらえないことが多いので気をつけなければなりません。
難しい仕事内容なのに「ノルマなし、残業なし」「未経験者歓迎」とうたっているようなキャッチコピーもあやしいと考えられるので、警戒した方が良いかもしれません。