世界と比べておかしいと思われる点

日本という国は食や文化という点で非常に恵まれている国であると言えます。
これは労働環境においても同様で、他国のように突然暴動や戦争が起きるわけでもなく、銀行が破たんしてしまうなんて心配も皆無に近いと言えます。

しかしそんな日本でも世界と比べておかしいと思われる点がいくつかあります。
その一つが日本における労働問題についてです。

日本の中では長時間労働に関する価値観が、世界と大きく離れているという問題を抱え続けています。
周りの国から「これはおかしい」と指摘をされても、すぐに改善が出来ないというのも、日本が抱えた問題の重大さにも繋がると言えるでしょう。

アルバイトやパートという段階で、その職場での働き方について疑問を思うようであれば、正社員として働く人はその何倍もの理不尽な待遇を受けて働いています。
反面教師というとやや残酷にも思えますが、身近でブラック企業の実態を知れた人は、自ら就職する時にも地雷を踏まずに平和に過ごせると言えます。
そのためにもより冷静に、今後の働き方について考える時間を設けるようにしましょう。

 

労働環境によって生まれた問題

日本の中では絶えず労働環境によって生まれた問題・事件が多発しています。
これらは決して他人事ではありません。
自分たちがそういった問題に巻き込まれないよう、労働基準法についてしっかりと学んでおく必要があります。
内容は非常に細かく、すべてを理解するのは非常に大変ですが、よりクリーンな職場で働くためにも法律の勉強もしっかりと行っておく事が大切でしょう。

また最近では仕事に就かず自宅で何もしない「ニート」に関する問題が浮き彫りになっています。
若者を中心に広がるニート問題は、今後も重点課題として皆が考えていく必要があるでしょう。

また働き過ぎて自分自身を追い込んでしまう、大変痛ましい事件も少なくありません。
過労死問題というのも近年非常に目立ってきている事もあり、周りで同じように悩みを持っている人がいたら皆で支えあえるような環境づくりが必要だと言えるでしょう。

 

今後私たちが考えるべき事とは

今後私たちが労働問題として考えるべき事は、今まで日本が放置しがちであった各問題を一人一人考えながら過ごしていくという事です。
周りに流されてしまいやらなくても良いようなサービス残業をしている人も、日本の中では決して珍しくありません。
しかし働く人たちの中で、これは絶対におかしいという声を上げる事が出来れば、少しずつでも改善の一歩を辿れるのではないでしょうか。

小さなことからコツコツと。
意識で変えられる部分はどんどん変えていける世の中にしていきましょう。

>>長時間労働に対する価値観
長時間労働は何の得にもならない

>>働き方について考えよう
自分の為に働こう

>>労働基準法を詳しく知ろう
法律もしっかり学ぼう

>>ニート問題
ニートも重要な社会問題

>>過労死問題
同じ過ちを繰り返さないために