長時間労働は美徳ではない

日本での働き方と世界での働き方、それぞれ違いがあります。
その中でも日本がとりわけ世界から異常にも思われていることが長時間労働について。

日本にある企業では、より長く働けば働くほど評価されるという風習があります。
しかし世界のほとんどではそんな考え方がまともに受け止められません。
その理由として「働くモチベーションが低下してしまうから」という考えがあるからです。

しかし日本の企業では「より長く働いた人ほど美徳を感じられる」といった考えが古くからある為、世界と肩を並べるほどの生産力や企画力などがある日本であっても、傍からは鼻で笑われるような状態です。

 

何のための長時間労働なのか

長時間労働によってどんなメリットやデメリットを生み出すのでしょうか。

まずはメリットについて。
一人当たりの生産性の向上や人件費の削減、さらには期日前の目標などが挙げられます。
しかし冷静に考えてみてください。
これらはすべて「企業側」のメリットなのです。

逆にデメリットについて考えてみましょう。
遅くまで働くことによる睡眠時間の減少、それによった体力の消耗。
日々覇気が薄れていく人が少なくありません。

まさに「週末までを乗り切る平日」が毎週繰り広げられていると言えるでしょう。
これらはすべて「労働者側」のデメリットです。

それぞれを見比べてみてください。
何のための長時間労働なのでしょうか。

労働者側が得られる、長時間労働による価値観というのは、非常に微々たるものです。
自分に用意された仕事や環境は本当に正しいものでしょうか?
今一度考える時間を設けてみても遅くはないでしょう。

こちらのサイトにもブラック企業に関する長時間労働問題が詳しく書かれています。
ブラック企業・長時間労働について
心あたりのある方、一度目を通してみてはいかがでしょうか。

 

一人一人の意識の変化が必要

長時間労働がどの会社でも生まれている背景には、かつての高度成長時代からバブル時代にかけて働いてきた人たちの考えが、今の世の中の流れと逆行しているという点が挙げられます。
より長い時間働く人間が素晴らしい、休まず働く人間は会社の鑑だ、なんていう上司の方は周りにいませんか?

そういった古い考え方がひいては会社全体を支配し、下に働く人たちの足枷になっているのです。
これからの労働環境を変える為には、一人一人の意識を変えていく他、
会社のシステム・設備面から変えていく必要があります。

勤怠管理のソフトを使うなどして、
各社員の正確な労働時間を記録することから、
現状の課題が見えてくるでしょう。

日本の風土だから、会社の風土だから、というのはただの言い訳にしかすぎません。
一人一人が行動を移さない限り、一生日本は「長時間労働の国」として見られてしまうでしょう。

勿論、平社員の人が何人集まろうが、労働環境が変わる可能性は極めて低いでしょう。
しかし労働者側の意見として、企業側がしっかりと受け止める会社であれば、その会社はブラック企業から無事脱出する機会を得られるかもしれません。